障害児 自立 支援について

MENU

障害児の自立や支援について

 

2014年7月5日現在、軽〜中度の障害ある子の親を対象としたSNSであるBOX-軽度障害児の親の居場所には、約350名のメンバーが参加しております。
男女の比率は圧倒的に女性が多いのですが、女性に負けないくらい積極的に貴重な情報をアップしてくれてる北海道のパパさんがいます。
そのパパさんが参加した座談会の情報がSNS内の日記で公開されましたが、大変貴重な情報なのでメンバー以外の方にも知って頂きたく、掲載のお願いをしたところ、掲載許可をすぐに頂きましたので、こちらにて掲載します。

 

当サイトはメンバーのみのページと、こちらのようにメンバーじゃなくても閲覧できるページに分かれております。
メンバーじゃなくても見れるこちらには、最近の統計では平日ですと一日に600〜800人前後の方が情報を求めて足を運んでくれています。

 

掲載している情報から言うと、どちらかと言うと「子どもに何かしら障害があるかも?」と感じてる方や、障害があると言われ、家では何をどうすれば良いのか、その手掛かりを探している人が多いかなと考えております。

 

今回掲載する情報の中にも、きっとお子さんの支援に繋がる貴重なキーワードが複数見つかるはずです。
ぼんやりと考えてたことが、「きっとコレだわ!」って思うキーワードに出会える可能性だってたくさんあるはずです。
是非ともそれに気付き、そこからまた情報を探す・・・などに繋がれば幸いです。

 

なお、掲載情報について、管理人の私の感じたことなども記載しております。(^^ゞ

 

今回の情報の掲載を快諾してくれたパパさんに感謝しております。ありがとうございました!

 

 

障害児の自立や支援について記事一覧

自立とはなんでしょう?身辺的自立?、経済的自立?、職業的自立?、健常者(障害をもたない人)に近付く?私たち親が障害を抱える子に願うのは「自立」。簡単に自立、自立と言いますが、上に書いてるように自立と言っても色々な角度からみると様々です。もちろん、小学生低学年のうちから職業的・経済的な自立を意識した支援は、まず無いはず。最初は身辺的自立でしょう。「身辺的自立って具体的になんなのよ?」と言う方に・・・...

■高等部の種類北海道には、養護学校(特別支援学校)の義務併設高等部と、単独設置の高等養護学校(高等支援学校)があります。高等養護学校にも、障害の程度が「比較的重い」生徒を対象とする学科と、「比較的軽い」生徒を対象とする学科があります。比較的重い生徒を対象とする学科は生活○○科となります。道外は養護学校高等部が早い段階から設置されていたようですが、北海道は高等養護学校が古くからあり、養護学校高等部が...

こちらでは就労するにあたっての必要な力についての情報です。私の息子も2013年現在高校一年ですので、非常に興味のある情報です。まだお子さんが小さいご家庭でもポイントとなるキーワードが色々とありますから、情報を良く読んで下さいね。○生活自立洗面、更衣、排泄、食事、入浴、選択等に関しては自立掃除や整理整頓身だしなみに気を配り、季節や状況に合わせた服装をすること時間を守ること体調不良やけがなどを訴えるこ...

こちらでは年代別の家庭でできる支援についての情報を紹介しております。○幼児期早寝早起き朝御飯をはじめとした生活のリズムの確立(これが一番大事)お手伝い(人の役に立つ喜びを感じる)身の回りのことをしっかり(親は待つことが大事。自分でできること、やりたい気持ちが芽生えるよう支援)友達とたくさん遊ぼう(障害特性で自発的関わりを持ちにくい場合は無理強しない)憧れを大事に(子供がなりたい自分へ親はサポート)...

こちらでは正しい座り方など身体についての情報を載せています。○着座姿勢の乱れが、集中力を妨げる・机に正対して座れない、猫背、お尻をずらして反り返る、片足を上げている、一定の姿勢を維持できない、足を組む。※仙骨座りに注意○正しい座り方とは足裏は床に机の天板はへそくらい机と体の間はこぶし一つ分お尻は奥までひじの角度は90度座面高は身長×0.23しっかりと坐骨で座りましょう※姿勢が決まらないと手が自由に...

(1)で長くなってしまったので、(2)としてこちらに続きをアップします。■からだのこと○不器用な体とは走り方が変、ケンケンができない、スキップができない、ボディイメージがつかみにくい、思った通りに動けないからだ→改善を目指して不器用ってどんな感じか体験(軍手をして折り紙で鶴を折ってみました・・)きちっと止まり、体を制御しながら行うゆっくりの動きが大切。早さは不要。調整的な動き。頭にお手玉。お手玉リ...