軽度知的障害

MENU

軽度知的障害について

 

IQでは、下記のように軽度〜最重度と分けられております。

 

 

●IQ71〜85…境界(ボーダー)領域知能
●IQ51〜70…軽度知的障害
●IQ36〜50…中度知的障害
●IQ21〜35…重度知的障害
●IQ20未満…最重度知的障害

 

まだ、障害の診断をされたばかりの人は、IQの低さに悩み苦しむ・・・って人も多いはずです。(私もそうでした)
でもね、障害を理解(受け入れ)して、過ごせば分かると思うのですが、出来ることは非常に増えてくるんです。
で、ある時、気付くの。「IQは、ちょっとした物差し程度だ」と。
もちろん発達障害と違い、全体的なレベルは低く、よく「今後伸びても小学○生程度のレベルで止まるでしょう」と言われる。
でも、勉強面以外での好きなことをとことん覚えたり、色々な知識も徐々に身につくんです。

 

そんな成長を見ると、「IQはそうだけど、大切なことはそんなことじゃなく、目の前の子供を見ることだ」って気付くのね。

 

軽度の知的障害について、既に私のサイトのページに書いてありますので、【軽度知的障害とは】をご覧下さい。

 

・・・と、書きましたが、ちょっと追記しようと。

 

ここでいう知的障害とは知的機能の発達の障害のことを指します。

 

[1]発達期(18歳まで)に発現します。
[2]一般的な知的機能が明らかに平均よりも低くなります。
[3]意志伝達や自己管理、家庭生活面から、社会的/対人技能や地域資源の利用、更には自律性や学習能力、仕事、余暇、健康、安全といった適応行動が、同時に少なくとも2つの領域において障害されている場合ですね。

 

知的障害を持つ人はどれくらいいるかと言うと、知的障害の頻度は、0.86〜5.6%(1%程度)と報告されています(男女比1.5:1)。

 

残念ながら?軽度知的障害では半数程度が原因は特定されないと言われておりますが、重度・最重度知的障害で原因が特定可能であることがほとんどです。

 

  • 遺伝要因(5%):染色体異常、先天代謝異常など
  • 早期胚発達異常(約30%):妊娠早期の脳形成発達障害など
  • 妊娠中および周産期の問題(約10%): 胎児の低栄養、低酸素、外傷など
  • 幼児期,小児期の身体疾患(約5%): 感染症,外傷,毒物摂取など
  • 環境の影響,精神疾患(約15〜20%): 養育・社会的接触・言語などの剥奪、自閉性障害といっ た重度の精神疾患など
 

軽度の知的障害に関する商品のご案内

こちらでは軽度の知的障害に関する商品を紹介しております。メインは書籍となっておりますね。ただ、少なすぎるな、まぁ、分かってはいたけど。そんな訳で、この下(利用している端末によっては次のページ)で、軽度に関わらず「知的障害」の商品を紹介しています。
powerd by 楽や

知的障害に関する商品のご案内

こちらでは軽度の知的障害に関する情報が少なかったことから、障害の重さに関係なく、純粋に知的障害というキーワードで商品を紹介しております。が、やはり書籍ばかりになるのは仕方ないですねぇ。
powerd by 楽や

※PARK(旧ショッピングフィード)の商品は、システムの関係上、クリック後に改めて該当モール内で検索して下さい。^^;(そのうち改善されるはずですが。) ※楽天市場の情報はSupported by 楽天ウェブサービスを利用しております。
[注意]ショップの戦略によって、該当しない商品が表示されることが多々あります・・・予めご了承下さい。苦笑