知的障害 精神障害 認知症 成年後見制度活用

MENU

成年後見制度の活用について

 

障害がある子供達が企業就労を続けるための支援者の養成講座で受講したのが、今回の成年後見制度の活用についてでした。

 

受講内容を伝えると共に、そもそも成年後見制度とはどんな制度か?ということも合わせて紹介したいと思います。
そろそろ、そのことを考える必要がある人はもちろんのこと、まだまだ先と考えてる人も、サラッとでも目を通して頂けると良いかなって思います。

 

 

成年後見制度の活用について記事一覧

成年後見制度とは、認知症や知的障害、精神障害などにより、判断能力が不十分な人に対して意思決定を助けてあげ、生活や財産などの権利を守る制度のことです。選ばれた成年後見人などが、本人の意思を尊重して、その人の心身の状態に配慮しながら本人に代わって手続きなどを行ってあげることで、財産を適正に管理します。このような成年後見制度は、大きく分けますと「法定後見制度」と「任意後見制度」の2つがあります。(この2...

ライフヒストリー【life history】、それは個人の一生の歴史というものです。私たち障害児の親は、子どもの障害が分かってから色々な段階を進みます。保育園(幼稚園)をどうするか?障害について理解や支援を得られるところはどこなのか?加配をお願いできるのか・・・。小学校は支援級にするのか、普通級にするのか、通級もお願いするのか。中学は?高校は?その先は?色々なことを考え、ベストと思える選択をしてあ...