28年度東京都特別支援学校各職業科募集人員一覧

MENU

28年度東京都特別支援学校各職業科募集人員一覧

 

東京都在住の方向けの情報で申し訳ないのですが、平成28年度の東京都内の特別支援学校の職業科の募集人員が先日発表されましたので、こちらでも紹介します。

 

平成27年度に新たに開校した都立水元小合学園がありますが、来年度(平成28年度)は、更に都立港特別支援学校(港区港南三丁目9番45号)に足立特別支援学校と同様の科である職能開発科が高等部に設置されます。
一クラス10名、一学年二クラス(全体で20名)の編成となります。

 

この流れは数年前から決まってるものだと思いますが、個人的には小回りが利く職能開発科タイプの学校の増設は賛成ですね。
少ない人数をマイナスにとらえてしまう父兄もいるかと思いますが、逆に少ない分、濃い授業を受けることが出来るからです。
また、先生方も生徒が少数であることから、自分の担当以外の生徒のことも覚えることは可能でしょう。(生徒に目が行き届く)
更に就職に関して考えれば、就職担当の先生も一クラス10名、二クラスでも20名の生徒のみの就労先を探せばいい。(もちろん簡単なことではありませんが。)

 

東京都のビジネス系の学校の基本といいますか始まりは平成18年度の解説された足立特別支援学校の職業コース(現・職能開発科)からです。
そこからトントンと永福学園のような大きな箱の学校が登場しました。

 

そんな大きな箱の支援学校が順調に行ってるかというと、難しいのかなって思ったりもします。
もちろん、学校としてのネームバリュー、スケールメリット的なものはあるでしょうが、それらが全て生徒たちにプラスに働いているのかというと、大きすぎるが故に目が届かない部分も多々出てくるのではないかと。
(皆さまも色々と学校情報を収集していると、色んな情報が入ってくると思いますが。)

 

そんなことを考えると、小回りが利くサイズの職能開発科は、大きな箱の学校よりも、各生徒に支援が行き届くのではないかと感じてしまいます。
もっともっと、更に増えていけばいいなと、個人的には考えております。

 

28年度東京都特別支援学校職業科募集人員一覧

 

  • 平成19年度開校・永福学園就業技術科 募集:100名
  • 平成21年度開校・青峰学園高等部就業技術科 募集:60名
  • 平成22年度開校・南大沢学園高等部就業技術科 募集:100名
  • 平成25年度開校・志村学園高等部就業技術科 募集:80名
  • 平成27年度開校・水元小合学園高等部就業技術科 募集:80名
  • 平成18年度開設・足立特別支援学校高等部職能開発科 募集:20名
  • 平成28年度開設・港特別支援学校高等部職能開発科 募集:20名

 

最近、色々と目にするのは、職業技術科などを目指すために塾に通っているという話しをチラホラと。
息子の中学校の時は、支援学級の先生達が過去の出題などを参考に毎日のように宿題や指導をしてくれました。
もちろん、先輩も息子の年代も誰も塾のようなところを通うことなく合格しています。
息子が合格の報告を学校にした際も、おめでとうの言葉の後には、「どんな問題が出たか」を、息子が忘れる前に聞き出そうと、先生は必死でした。笑

 

そんな流れできてたので、今はちょっと流れが違うのかなぁって思ったりしますね。

 

 

28年度東京都特別支援学校各職業科募集人員一覧関連ページ

石川県:特別支援学校はすべての入学希望者を受け入れ
2013年9月、石川県教育委員会の発表によりますと、特別支援学校はすべての入学希望者を受け入れできるよう390人を募るとのことです。
軽度の障害の子が通う職業系支援学校
こちらでは障害者(児)に関するニュース等について、勝手にあれこれ語っておりますが、今回は職業系支援学校についてダラダラと書いています。
山形県:特別教育必要な児童・生徒 3割に支援届かず
2013年9月、石川県教育委員会の発表によりますと、特別支援学校はすべての入学希望者を受け入れできるよう390人を募るとのことです。
着席しない男児…「みんな、お尻たたいて」 担任を処分
ガッカリなニュースが高知市の市立小学校から届いた。特別支援学級に在籍してる男児が、一部の授業や帰りの会などは普通学級で参加していたが、着席しないことに対して・・・
26年度東京都特別支援学校職業科前期入学相談応募数一覧
来年度、東京都の支援学校職業科の入学を目指す子供達が前期の入学相談を受けましたが、学校別の応募者数をお伝えしますね。
静岡方式 県立浜松特別支援学校城北分校
平成23年に県立浜松城北工業高校敷地内に作られた軽度の知的障害のある生徒の就職を目指した学校です。
発達障害の児童らを想定したユニバーサルデザインの授業
岐阜県神戸町立北小学校では特別支援教育の視点を生かした授業が大変魅力です。この流れが全国に広がることを切に願っています。
山形県・通級学級増設&発達障害の高校生就労支援へ
2013年11月6日、山形県は特別支援教育に関する新たな施策案を発表しました。