山形県・通級学級増設&発達障害の高校生就労支援へ

MENU

山形県・通級学級増設&発達障害の高校生就労支援へ

 

山形県は11月6日、特別支援教育に関する新たな施策案を発表しました。

 

山形県と言えばちょっと前にこちらでニュースを紹介したばかりですね。笑

 

第2次県特別支援教育推進プラン(2013年から5年間)を検討してまとめた案は、学習障害(LD)や注意欠陥・多動性障害(ADHD)などの生徒向けに小学校に通級指導教室の増設をし、改めに中学校でも導入するとのこと。また、対人関係やコミュニケーション能力に難がある発達障害の高校生向けに就労支援を強化する。

 

この他では支援教育の充実のために、特別支援学校に勤務する教員については、専門免許状の保有率を80%以上とする目標を掲げるとともに、研修制度の充実を図り、児童・生徒の個別のニーズに応じて適切に就学できるように就学前からの相談体制を整備するとのことです。

 

前回の9月のニュースでは支援が必要な小中学生のうち、3割が必要な支援を受けることができてない現状についてでした。

 

そんな状況からですと、今回の発表は当然の流れなのかなって思います。
あとは「いつ増設されるか」かな。
計画は発表されたが、実行はだいぶ先・・・ってなると、支援を必要としている子達はどんどん追いやられてしまう可能性も高い。

 

そのあたりが一日でも早く対応出来ればいいよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山形県・通級学級増設&発達障害の高校生就労支援へ関連ページ

石川県:特別支援学校はすべての入学希望者を受け入れ
2013年9月、石川県教育委員会の発表によりますと、特別支援学校はすべての入学希望者を受け入れできるよう390人を募るとのことです。
軽度の障害の子が通う職業系支援学校
こちらでは障害者(児)に関するニュース等について、勝手にあれこれ語っておりますが、今回は職業系支援学校についてダラダラと書いています。
山形県:特別教育必要な児童・生徒 3割に支援届かず
2013年9月、石川県教育委員会の発表によりますと、特別支援学校はすべての入学希望者を受け入れできるよう390人を募るとのことです。
着席しない男児…「みんな、お尻たたいて」 担任を処分
ガッカリなニュースが高知市の市立小学校から届いた。特別支援学級に在籍してる男児が、一部の授業や帰りの会などは普通学級で参加していたが、着席しないことに対して・・・
26年度東京都特別支援学校職業科前期入学相談応募数一覧
来年度、東京都の支援学校職業科の入学を目指す子供達が前期の入学相談を受けましたが、学校別の応募者数をお伝えしますね。
静岡方式 県立浜松特別支援学校城北分校
平成23年に県立浜松城北工業高校敷地内に作られた軽度の知的障害のある生徒の就職を目指した学校です。
発達障害の児童らを想定したユニバーサルデザインの授業
岐阜県神戸町立北小学校では特別支援教育の視点を生かした授業が大変魅力です。この流れが全国に広がることを切に願っています。
28年度東京都特別支援学校各職業科募集人員一覧
平成28年度の東京都の支援学校の中の、ビジネス系と言われる就業技術科と職能開発科の学校の募集人数が決定しました。