26年度東京都特別支援学校職業科前期入学相談応募数一覧

MENU

26年度東京都特別支援学校職業科前期入学相談応募数一覧

 

東京都在住の方向けの情報で申し訳ないのですが、今年度、東京都内の特別支援学校の職業科の前期入学相談の受験者数をまとめてみました。

 

他県でのことは分かりませんが、東京都の支援学校の場合、テストとか受験とかの言葉は使わず「相談」となります。
そのような訳で「入学相談」は=「入学テスト」と思って頂いて構いません。

 

また、同様の言葉で「事前相談」というのもあります。
これは受験する支援学校で必ず前以て受けなくてはいけないものです。(相談・・・って書くと軽く考えちゃいそうですが)

 

東京都の特別支援学校の職業科は都内全域の生徒を対象にしております。
そのため、どこでも受験をすることは可能ですが、ルールとして受験予定の支援学校の事前相談を受ける前に、あなたがお住まいの地域を学区とする特別支援学校に出向き、そちらで最初に事前相談をすることになっております。

 

これは簡単に言うと、「うちの子は○○学園を受けますが、もし不合格になったらコチラでお世話になります」って流れですね。

 

26年度東京都特別支援学校職業科前期入学相談応募数一覧

 

  • 平成19年度開校・永福学園就業技術科(募集:100名) 前期応募数133名
  • 平成21年度開校・青峰学園高等部就業技術科(募集:40名) 前期応募数86名
  • 平成22年度開校・南大沢学園高等部 就業技術科(募集:100名) 前期応募数144名
  • 平成25年度開校・志村学園高等部 就業技術科(募集:80名) 前期応募数104名
  • 平成18年度開設・足立特別支援学校高等部職能開発科(募集:20名) 前期応募数31名

※前期は65/100相当を合格とし、残りが後期の合格者数となります。例えば永福学園(募集数100名)なら、前期で65名程度合格となり、後期で35名募集となります。
前期で仮に落ちても後期で再チャレンジして合格することも可能です。(息子の同級生もこのパターンで合格しました)

 

各学校一クラス10名が定員ですので、永福学園の場合は10クラス、青峰学園は4クラス、足立特別支援学校は2クラスとなります。
また、足立特別支援学校は本年度(2013年)までは、職業コースでしたが来年度からワンランクアップしてコースから科(職能開発科)になります。

 

参考までに各学校の開校・開設年も掲載しました。
これをご覧になると分かりますが、東京都として足立特別支援学校内にまず職業コースを設立し、そこから順に軽度の知的障害の生徒を対象としたビジネス系の支援学校が開校されていったのが分かると思います。

 

今後の東京都の計画を見ますと、平成27年4月1日に開校予定とした、東部地区学園特別支援学校(仮称)を都立水元高等学校跡地(東京都葛飾区水元1-24-1)に作り、高等部職業学科(就業技術科(仮称))を設置予定のようです。
また、既存の支援学校内に足立特別支援学校の現職業コースと同じような小規模な職業科の設置を10校程度予定しているようです。

 

■どうでもよい話し。(じゃ、書くなよって言われそうですが。笑)

 

昨年度、息子が入学相談を受ける際、今年度開校した志村学園も「少しだけ」気になりました。
当時、中学生だった息子は陸上の朝連の前に、自主的に校庭や学校前の落ち葉やゴミを掃いたり、雑草を抜いたりの手伝いを担当教諭と結構な期間やっていて、土を触ることが好きだと言ってたからです。笑
ご存知のように、各学校ともいくつかのコースがあります。フードビジネスだったり物流だったり、介護だったり。
その中で志村学園だけは流通・都市農園芸サービスがあったからです。そう、農園芸はどうかと。
でも結局止めました。距離的な問題もありますが、やはり就労を意識した時、農園芸の仕事が都内でどれほどあるのかという点と、何よりも一期生というのが最大の問題だったからです。

 

色々と調べてる人ならご存知の方もいるでしょうが、例えば青峰学園なども一期生の学校での様子は乱れた生徒が多かったとのことで、保護者からもクレームがあったりしたようです。
そう、お手本となる先輩は誰も居ないし、そもそも就労についての強い意識を持つのも最初は難しいですからね。

 

息子は中学に入って一気に変わりました。それは先輩からの刺激によるものです。都の陸上大会でも仲の良い先輩たちは優勝やベスト3内に入ったりしてるのを見て、ガンガン刺激を受けたのですよね。野球部に入ったのも先輩の影響ですし、ハイパーヨーヨーに夢中になったのも別の先輩の影響です。
だからこそ、高校でも新たな先輩達からの刺激をたくさん受けてもらいたいと考え、志村学園は止めました。
もちろん、これはあくまでも個人的な考えであって、一期生だから全部が全部誰でもダメだという訳じゃないですよ。あくまでも私の考えと息子のこれまでの様子から判断しただけですからね。

 

 

 

 

 

 

26年度東京都特別支援学校職業科前期入学相談応募数一覧関連ページ

石川県:特別支援学校はすべての入学希望者を受け入れ
2013年9月、石川県教育委員会の発表によりますと、特別支援学校はすべての入学希望者を受け入れできるよう390人を募るとのことです。
軽度の障害の子が通う職業系支援学校
こちらでは障害者(児)に関するニュース等について、勝手にあれこれ語っておりますが、今回は職業系支援学校についてダラダラと書いています。
山形県:特別教育必要な児童・生徒 3割に支援届かず
2013年9月、石川県教育委員会の発表によりますと、特別支援学校はすべての入学希望者を受け入れできるよう390人を募るとのことです。
着席しない男児…「みんな、お尻たたいて」 担任を処分
ガッカリなニュースが高知市の市立小学校から届いた。特別支援学級に在籍してる男児が、一部の授業や帰りの会などは普通学級で参加していたが、着席しないことに対して・・・
静岡方式 県立浜松特別支援学校城北分校
平成23年に県立浜松城北工業高校敷地内に作られた軽度の知的障害のある生徒の就職を目指した学校です。
発達障害の児童らを想定したユニバーサルデザインの授業
岐阜県神戸町立北小学校では特別支援教育の視点を生かした授業が大変魅力です。この流れが全国に広がることを切に願っています。
山形県・通級学級増設&発達障害の高校生就労支援へ
2013年11月6日、山形県は特別支援教育に関する新たな施策案を発表しました。
28年度東京都特別支援学校各職業科募集人員一覧
平成28年度の東京都の支援学校の中の、ビジネス系と言われる就業技術科と職能開発科の学校の募集人数が決定しました。