障害者雇用義務の対象に精神障害者も。

MENU

障害者雇用義務の対象に精神障害者が加わりました。

平成30年4月1日から、障害者の雇用義務の対象として、これまでの身体障碍者、知的障害者に加え、精神障害者も加わりました。
また、これにあわせて法定雇用率も変更となりました。

 

事業主区分

法定雇用率
平成30年3月31日まで 平成30年4月1日以降
民間企業 2.0%   ⇒ 2.2%
国、地方公共団体 2.3%   ⇒ 2.5%
都道府県等の教育委員会 2.2%   ⇒ 2.4%

※今回の変更に伴い、障害者雇用義務の民間企業の範囲が、従業員50名以上から45.5人以上となりました。

 

 

ちょっと昔の情報で申し訳ないのですが、平成19年度の精神障害者保健福祉手帳の交付数は約44万3千人だったのが、平成25年3月末には69万6千人に増加しているんですよね。また、平成27年3月末には更に増え、約80万4千人となっております。
このように増加傾向にあるなか、ようやく動き出したのです。もちろん、色々な事情があっての今日だと思いますが、これで少しでも働き口が増えてくれると親としても嬉しいところですよね。

障害者雇用義務の対象に精神障害者も。関連ページ

障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正
平成28年4月(一部公布日又は平成30年4月)より、改正障害者雇用促進法が施行されます。何がどうなったのかの概要をご紹介
障害者就労/民間の就職・転職求人サイト活用
障害者の就職や転職に力を入れている民間の求人サイトをご紹介
北海道の障害者就労に関するサイト一覧
北海道内での障害者の就労に役立つサイトを調べて紹介します。少しでも働く上での参考になれば嬉しく思います。
東北地方の各県の障害者就労に関するサイト一覧
軽度の障害のある子を小さいうちから療育や自立を目指す親が求めるところは、やはり企業就労だと思います。こちらでは東北地方の各県の就労に関するサイトを紹介します。