東北地方の各県の障害者就労に関するサイト一覧

MENU

東北地方の各県の障害者就労に関するサイト一覧

 

こちらでは東北の各県の障害者就労に役立つサイトを紹介しております。

 

 

東北地方の各県の障害者就労に関するサイト一覧記事一覧

青森県では平成23年6月2日から平成24年6月1日までの1年間に、一般の民間企業に新規に雇入れられた障害者数は174.5人となり、前年と比較して0.5増加したようです。また、規模別の新規雇入れ者数をみると、56人〜100人未満規模企業および1,000人以上規模企業で減少したようですが、その他の規模企業で増加したとのことです。青森県の障害者の就労状況は、産業別で見ますと製造業、卸売・小売業、医療・福...

岩手県では障害があっても自立し、希望を持ってくらせるようにと、ハート購入という独自の工賃アップのための支援活動を行っています。これは県が主導で、障害者就労支援事業所への官公需を率先するというものです。県が業務上必要とする物品・役務の中には障害者が提供できるものがたくさんあります。これらを障害者が働く場から優先的に購入し、働く障害者を支援するのです。それをハート購入として県の全域に勧めています。障害...

宮城県では平成17年3月に策定した宮城県障害福祉長期計画(みやぎ障害者プラン)を作り、それを元に様々な障害福祉施策を推進してます。このみやぎ障害者プランの理念は「だれもが生きがいを実感しながら,共に充実した生活を送ることができる地域社会づくり」です。重点施策は3つあります。障害のある人の地域生活移行の推進障害のある人の就労促進と所得の向上精神障害のある人への地域生活支援の推進 策定した年以降、ご存...

秋田県では2012年に秋田県障害者雇用支援プロジェクトを展開すると発表しました。プロジェクトと聞くと、「おっ、障害者雇用に対して非常に積極的だな」と思うのですが、このプロジェクト立ち上げの裏には、秋田県内の民間企業の障害者雇用率が全国最下位(1.56%)という状況があったからなんですよね。最初は民間のことは民間に任せろ・・・というお役所的な考えだったのかもしれません。しかし、実際には雇用率が伸びな...

山形県では平成20年より障がい者の農業応援作戦というプロジェクトを行っております。これは需要の多い花びら(生花)の摘取り作業は、ご存知のようにロボットでは出来ず人の手が基本なのですが、簡単に労力を集めることができない農家と、就労を目指して頑張っている障がい者を結びつけるもので、花摘み作業のお手伝い(応援)をして現金収入を得るというものです。これはまさにWin-Winの関係ですね。農業応援作戦は上記...

福島県では障害者雇用についてを積極的に取り組んでいる県内企業等を対象とした物品等の調達の優遇制度を設け、少しでも多くの障害者雇用を生み出す取り組みを現在行っております。この優遇制度は登録制になっており、福島県出納局の物品購入(修繕)競争入札参加資格者名簿に登録されており、県内に本店、支店または営業所を有している企業が登録できます。また、県内において雇用する障害者の割合が、法定雇用率の2倍以上である...